一戸建ての経費

一戸建ての場合は自分で修繕費用を管理して積み立てておかなければなりません。ハウスメーカーによっては10年後との修繕をしないことによってハウスメーカーの補償がうけられなくなる場合もあるので注意が必要です。賃貸住宅の場合は、それほどローンを利用する必要はなく、金利も支払わなくていいので、その分お得な感じはしますが、それなりの賃貸料を一生支払つづけなければなりません。賃貸料もその住んでいる場所や広さ、環境によっても条件は異なってきます。便利で都市中心部であればかなりの高額な賃料になります。高齢になって働くことでの収入がなくなり、年金収入のみになった時の家賃支払いも考慮しなければなりません。それぞれの条件に応じて住み方も様々になってきます。老後の備えとして住み方もイメージしながら考えていかなければなりません。

自宅を賃貸に出す

何らかの理由で住み替えを考えるとき、自宅を賃貸にだして家賃収入で月々のローンをまかなっていけると理想ですよね。この場合手続きや管理などを不動産業者にお願いすることになりますが実はトラブルも後をたたないようです。仮に入居者が決まったとして家賃滞納やマナー違反行為、引き渡し拒否などの不良入居者と遭遇したときに不動産業者がどこまで専門的に責任を持って対応してくれるかを確かめてから契約されたほうが良いようです。
今住んでいるマンションを賃貸にだそうと検討しています。自宅を不動産投資するのです。目標は5年以内です。前提は5年以内にマンションを購入することです。良い物件に出会い、購入を決意したら契約です。資金的な問題もあります。現在、国内株式に1000万円投資しています。リーマンショック前の投資なので、まだ元本が戻っていません。時価で650万円です。一時は250万まで大きく下げただけにここまで回復してくれてありがたいです。新政権は、脱デフレ政策をしています。バブル最高値を本気で目指す思い切った政策が次々とでてくれることを期待しています。つまりバブルの再燃を狙っている政策に見えます。日本人も過去のバブルの経験があるのでそれほど手痛い思いはしなくて済むというのが私の読みです。不動産投資も活況になるでしょう。消費税がこれから段階的に増税されます。それに合わせて不動産投資が盛り返すのではないでしょうか。私は現物の不動産投資をします。それが今のマンションの賃貸ということです。賃貸で毎年200万円のリターンを想定しています。そしてその賃貸収入を新しいマンションの支払いに充てようとしています。今のマンションは築5年です。5年以内に賃貸するとして築10年目の物件です。資産価値から10年間は賃貸業ができるものと期待しています。今のマンションは駅近3分のタワーマンションです。管理費が高めで非常に良くメンテナンスや共用部分の掃除をしてくれています。住民の質も極めて高い物件です。当面人気物件として評されるでしょう。すなわち賃貸相場は高値で維持できるはずです。私のマンションは築20年になったら売却の予定です。今後の年金対策として別の資産運用を開始します。築20年という時期は私が62歳になった時です。おそらくその頃には定年が65歳になっている時代のはずなのでちょうど良い資産運用になるでしょう。はやくよい物件に巡り会って自宅を賃貸に出したいです。
私は資金運用や不動産投資などについては全くといっていいほどわかりません。このような話を聞くとただただすごいなぁと感心するばかりです。将来的なことまで見越したところなんて、私には到底できるものではないし、ある程度不動産などについても詳しくないといけないのではないかと思います。

Copyright ©All rights reserved.不動産である住宅 一戸建てを取得.