住宅不動産バブル

住宅不動産バブルと言うものは、経済発展をしているところでは必ず発生します。例えば日本でも1980年代に起きましたし、中国でも起きています。特に中国はかなり経済発展を遂げている状態ですから、とにかく土地も鰻上りです。経済が発展するに伴って土地の値段が上がることは決して悪いことではないのですが、土地の価値が上がると判断した投資家が投機目的で買い漁ることが問題なのです。投機目的ですと何も作らないからです。経済が発展しているときは仕事がたくさんありますし、人もたくさん必要に成ります。そして住宅が必要になります。ですから、あまりにも不動産バブルが加熱すると一般人が住宅を購入できない状態になってしまうのです。もっと経済発展が出来るのにこうしたことがそれを阻害することがあるのです。これは非常に重要なことですから、政府もそれなりに対策を講じます。例えば、お金を貸すことを引き締めます。

一戸建てのデメリット

しばしば建て替え反対の住民がいて、調整が難航します。一戸建ての長所、短所はマンションと逆になります。一戸建てに住みたければ都心を避けて、地方に住むこともひとつの方法です。ただし、地方では交通機関が未整備で、地下鉄などはありませんから買い物や病院に行くのにクルマは必需品になります。一戸建てですと建物が古くなっても土地がありますから幾ばくかの資産価値は残ります。建て替えも戸主の判断で自由に出来ます。隣との距離が保たれていればプライバシーも守れますし、庭が広ければガーデニングを楽しむことも出来ます。若い世代と老人時代で違った生活を楽しみたいのであれば、一生賃貸に住み続けることもひとつの方法です。賃貸であればフットワークがききますから、世代ごとに最適な住居空間を選べますし、建て替えや修繕費の積立金などの出費はなくなります。

Copyright ©All rights reserved.不動産である住宅 一戸建てを取得.