不動産である住宅 一戸建てを取得

今は、個人の不動産経営する人が増えてきました。2014年4月に消費税も上がるということでそれまでに不動産を購入しておく人が多いようです。住むということを考えたときに、不動産であるところの住宅を購入して所有するのがいいのか、賃貸住宅を借りて住む方が得なのかを考えることがあります。購入して所有する場合には、現金を持っていて一時金で全額支払って購入できる場合を除くと、多くは住宅ローンの借り入れをして毎月返済することになります。住宅を不動産として取得して所有することによって、ローンは借りたとしても、そのローンを完済した際には自分の所有となるので、それ以降は住むための費用がかからなくなります。最終的にその時期による評価の変動があるので、損得の問題はあるものの、売却することによっての収入も期待することができます。ただ所有することによってかかる費用もあります。毎年払う固定資産税の支払があります。年数が経ってくると、家屋の修繕や補修をするための費用もかかってきます。集合住宅やマンションの場合には修繕費や管理費用などで毎月積み立てをしているので、あまり意識することなく積立ができていて、修繕時期がきてもあらかじめ積み立てておいた修繕費を使うことが可能なので安心です。

不動産のマンションと一戸建て

ネット検索しますとマンションVS一戸建ての比較サイトってこんなにあるんだぁ、と驚かされます。それぞれのメリット・デメリットを情報収集し最終的には自分にどちらが合っているかの方向付けにつながっていくのでしょう。私は子どもの頃から一戸建てで育ったため先入観でマンションときくとあらゆる面で窮屈なイメージがあり購入するなら一戸建てにトキメキますね。あとは予算や収入・支出との折り合いになるわけですが私のサラリーでは東京都内の山手線沿線徒歩10分以内に一戸建ての購入なんて夢のまた夢ですね。そうなると埼玉、千葉の東京寄りを探すか購入をあきらめて賃貸物件をリサーチするかということになってきて悲しいかなどんどん理想が遠のいてしまう現状です。

マンションを購入したひとに一戸建てと迷わなかった?とたずねるとおそらく「ぜんぜん迷わなかったよ。」と答えるでしょう。また逆もしかり一戸建てを購入したひとにマンションは考えなかった?とたずねても「ぜんぜん。」という回答が返ってきそうです。資産価値とか難しいことはさっぱりわかりませんがマンション派か一戸建て派かの問題は、半熟卵がいいか固ゆで卵がいいか、またはスカート派かパンツ派かという好みの問題以外の何物でもないと思うのです。
不動産のマンションと一戸建てってどちらがいいのか。という問いは、購入の際にみなさん悩まれるところだと思います。実際、購入を検討して、色々見学にいって営業マンの話を聞いていると、マンションと戸建だと、資産的価値から言うと、流通量の違いといったことがあげられるそうです。都心だとマンションなら、転売の時に買い手が付きやすいということがあるそうです。逆に言えば、都心での戸建は買い手がなかなかつかないということもあるそうです。一戸建てとマンションではだいぶ費用が違ってきます。ですが、家というのは10年も経てばかなり古い部類になります。一戸建てですと、外壁から水周りにトラブルがでてくるかと思います。 ある程度、会社勤務を続けて資金が貯まると、これから先、老後まで考えた住居としてマンションか一戸建てを購入する人が多くいると思います。しかし、不動産のマンションと一戸建てのどちらが良いかを考えてみますと、それぞれ一長一短があり、判断に迷います。都心であれば、何と言ってもマンションの長所は一戸建てに比べて値段が安いということです。大抵のマンションにはエレベータがありますから高階に住んでいても外出時にはそれほど不便を感じません。最近はセキュリティを厳しくしたマンションも増えています。女性の一人住まいや子育て世代にはセキュリティの重要性は言うまでもありません。また、駅に近いマンションは生活に便利なことから値段も下がらず、資産価値もあります。マンションの欠点は耐用年数が30年から50年程度で、いつかは建て替えの時期が来ることです。そのため、長期間、修繕積立金を払い続けなければなりません。老齢の年金生活者にはかなりの負担です。また、建物の耐用年数が過ぎれば建て替えについて住民全体で相談することになります

別府不動産 2310 6/4

Copyright ©All rights reserved.不動産である住宅 一戸建てを取得.